みんなのクレジット 口コミ

みんなのクレジットが口コミで人気を集めている理由とは

みんなのクレジットで高利回り!


みんなのクレジットはソーシャルレンディングという貸付型クラウドファンディングです。

こんな希望はありませんか?

●預けるより貸して増やしたい
●カタい案件を探している
●激しい売買はしたくない
●日本の経済力を上げたい

このような方には特に喜ばれているようです。

お金がお金を増やす方法は一つしかありません。

それは、貸すことです。

ただし、銀行に貸しても増えませんよね?

株ですか?ファンドですか?金ですか?

株もファンドも今の時代はリスクが高すぎます。
金は単純に価格が高すぎます。

どうせなら日本の底力を上げるための投資をしませんか?

今、欧米などの金融大国で流行っているのが、ソーシャルレンディングです。
日本では、貸付型クラウドファンディングとも呼ばれています。

小口投資でリターンが大きいのが特徴です。

みんなのクレジットがソーシャルレンディングの中でも人気を集めている理由というのが、不動産メインであることです。
不動産投資は株と違って紙切れになる心配がないので安心です。
しかも、みんなのクレジットは120%以上の担保をつけてもらっているらしいので安心です。

では、気になる会社の信用です。
創立が2015年5月です。
これではちょっとなんとも判断しかねますね。

今までの実績を調べてみると、22個の案件がありますが、元本割れはまだ発生していません。

年利ですが、平均8%というところですね。

大体4カ月から半年の案件が多いので、100万円を半年投資すると年利8%で4万円のリターンです。

10万円から小口投資できるのがメリットです。
あと、口座手数料と売買手数料は必要ありません。
必要なのは自分の口座から振り込む時の振り込み手数料くらいです。

会社年齢が若いので不安が残りますが、小口であれば十分楽しめるのではないでしょうか?


興味のある方は、まずはチェックしてみましょう。

みんなのクレジット
販売サイトへ

みんなのクレジットの口コミでわかるデメリットとは

みんなのクレジット
について


投資はデメリットを知ることから始まるというのは当然です。

みんなのクレジットは元本保証はありません。
これは大きなリスクですが、今までの22件の案件で元本割れを起こした案件はありません。
全て7%以上の利回りでした。

また、投資期間中は途中解約ができません。
急にお金が必要になっても引き出すことができないのはデメリットです。
ですので、初めて参加するのであれば、小口の10万円から始めてみる人が多いようです。
投資期間はそれぞれの案件で異なっており、1カ月から36カ月の間です。
平均4カ月から半年くらいです。

あと、募集金額が期間内に満額にならなければ運用はキャンセルされます。
例えば、2千万円の募集金額に対して、1千900万円しか集まらなかった場合はキャンセルになります。
その場合は投資した金額が口座に戻ります。
投資した金額が減ることはありませんが、増えることもありません。
時間と手間の損になってしまいます。
ですので、満額まであと少しの所で投資するといいかもしれませんね。

最後に、当然ですが、満期になるまで利回りは確定ではありません。
募集中の案内に、利回り10%などと書いてありますが、満期の時点で8%だったり、11%だったりもします。
不動産の販売実績で決まる利回りです。


考え付くデメリットはこのくらいです。
会社自体は金融庁から第二種金融商品取引業免許も受けているので、問題ありません。
不安なのは、唯一会社が若い事です。


みんなのクレジットの口コミで広がっている年利12%は本当なのか?

みんなのクレジット
について


みんなのクレジットが年利12%の案件があったというのは本当です。
10ヶ月の不動産ローンファンドという案件です。
今まで最も利回りの高かった案件です。
現在は8-9%くらいが平均のようですね。

まずはチェックしてみましょう。

みんなのクレジット
販売サイトへ
こちらのサイトでは、みんなのクレジットの ソーシャルレンディングのメリットと リスクについて紹介しています。 評判や2chの口コミや白石やカードなど怪しい内容の真実や また、投資に関する 投資信託やおすすめ人気ランキングなど銀行やマンションの種類や 協会の利回りなどブログの税金や積み立てリスクなど失敗談も含めた基準価格 の分配金や配当金の他にも上位にランキングされる 毎月分配型や利回りがゆうちょと比べどうなのかなど マンションや銘柄次第ではファンドよりも口座が多く 初心者でもわかりやすくNISAよりも儲けの多い元本保証の 長期ファンド情報などアパートローンについても 一棟の価格よりも簡単にリスクなく有名な売買動向なども基準価格 に基づいたニュースや募集についてもローンなど節税に関する 規則やアンケートなど会員だけのメリットや 比較的リスクの小額な情報も掲載予定です。

株主優待で得をする!