みんなのクレジット 販売元

みんなのクレジットの販売が人気を集めている理由とは

みんなのクレジットは実質元本保証?


みんなのクレジットは高利回りローリスクのソーシャルレンディングです。

こんな経験ありませんか?

●ファンドは利回りが低い
●株式は紙切れになる心配がある
●不動産投資は大きな額が必要なので無理
●金は既に高すぎる

このような方には特に喜ばれているようです。

みんなのクレジットが選ばれる理由は3つです。

@信用力がある
ファンドを扱っている会社は小額であれば免許を持たずに営業しているところが多いのが現実です。
そんな会社に限って倒産してしまう事も多いようです。

みんなのクレジットは金融庁から第二種金融商品取引業免許を取得済みです。
いわゆるファンド商品販売の免許です。
過去5年以内に違法行為や不正な取引がなく、資本金5千万円以上、役員に専門家が必要など 数々の厳しい審査があります。
みんなのクレジットの資本金は8千万円で証券・金融商品あっせん相談センターにも登録している企業なので信用力があります。


A利回りが高い
みんなのクレジットの今までの最高利回りは実績ベースで12%です。
しかし、どうせ最低利回りは1%を下るだろうと思って調べてみると、7%です。
そして、凡そ10%〜11%の案件が一番多いのが特徴です。

銀行の成長型ファンドの利回りは現在1%〜2%前後である事を考えても、相当な高利回りである事がわかります。


B元本割れの案件がない
これは今までの実績です。
元本割れの案件が無いという事は、ほぼ元本保証です。
なぜこんな事ができるのか?

調べてみた所、取り扱い案件のほとんどが不動産、動産であり、投資額の120%以上の担保が条件になっています。
これがファンドと大きく異なる点です。
ファンドの投資先は株式がメインです。
つまり、会社が倒産してしまうと紙くず同然の価値しかなくなってしまうファンドよりも絶対的な信用がある 動産、不動産が担保になっています。
しかも120%以上の担保保全がありますから、理論的に考えれば、元本割れが起きる事はまずありません。


このように、みんなのクレジットは金融庁免許の信用と、利回りが高い事、元本が確保されている事が人気を 集めている理由になっています。


こちらのみんなのクレジット口座開設から口座を作れば、開設料は無料です。
また、今ならキャンペーン中でキャッシュバックを受け取る事ができます。
例えば特定の案件に申し込めば、50万円の投資で2万円のキャッシュバックです。

興味のある方は、まずはチェックしてみましょう。

みんなのクレジット
販売サイトへ

みんなのクレジットのメリットとデメリットとは

みんなのクレジット
について


銀行預金も含めて全ての投資にはメリットとデメリットがあります。
みんなのクレジットに関してはどうなのでしょうか?

●メリット

まず、最高12%の利回りが一番のメリットです。
現在、10%前後の利回りを出せるのは大型の不動産案件しかないのが現状です。
今までは投資したかったけれども、まとまった額を準備できなければ参加できませんでした。
しかし、みんなのクレジットでは最低10万円から参加する事ができます。

また、大口の投資でも安心できるのが全案件に120%以上の担保がついているという事です。
ですので万が一不動産が危ない状況になってもしっかりした担保があるので全額以上回収が可能です。

口座開設料も取引手数料もかかりません。
必要な出費は銀行への振込み手数料のみなのも大きなメリットではないでしょうか。

他にも今なら、特定の案件に投資すれば50万円で2万円のキャッシュバックキャンペーンなどのメリットもあります。


●デメリット

一番大きなデメリットは元本保証がない事です。
しかし、この点は株式投資のファンドなどよりもよほど安定した不動産なのでリスクは極めて低いです。
120%以上の担保も、このデメリットのリスクを大きく減らす要因です。

また、最初に案件を選ぶときに目安利回りを見て決めますが、この利回りはあくまでも目安です。
少し少なめに見積もっておいたほうがいいかもしれません。
例えば目安が11%で実際は10%くらいで考えていたほうが無難です。

案件を選ぶ際に不動産の工期などから期間が決められています。
最短1ヶ月で最長36ヶ月です。
その案件に参加したら満期まで解約ができない事をあらかじめ知っておく事が大切です。


このようにメリットだけでなく、デメリットもしっかり把握しておく事が大切です。


みんなのクレジットの販売案件と実績例

みんなのクレジット
について


みんなのクレジットにはどのような案件があり、実績があったのかを紹介します。

●案件名:不動産事業ローンファンド(5号案件)
目安利回り:8.5%
実績利回り:7.0%
運用期間:6ヶ月間
募集金額:21,000,000円

この案件に90万円投資した方は6ヶ月後の満期に元本90万円プラス配当金30,685円です。

6ヶ月間は解約が出来ない事がデメリットですが、小額の投資でも配当金はあります。
この場合の実績利回りは7%とみんなのクレジットの中では一番低いものです。
募集金額の2千100万円に達したところで運用がスタートとなります。

大体募集開始から10日以内に満額に達するそうですので、こまめにチェックしておきましょう。

みんなのクレジット
販売サイトへ
こちらのサイトでは、みんなのクレジットの ソーシャルレンディングのメリットと リスクについて紹介しています。 評判や2chの口コミや白石やカードなど怪しい内容の真実や また、投資に関する 投資信託やおすすめ人気ランキングなど銀行やマンションの種類や 協会の利回りなどブログの税金や積み立てリスクなど失敗談も含めた基準価格 の分配金や配当金の他にも上位にランキングされる 毎月分配型や利回りがゆうちょと比べどうなのかなど マンションや銘柄次第ではファンドよりも口座が多く 初心者でもわかりやすくNISAよりも儲けの多い元本保証の 長期ファンド情報などアパートローンについても 一棟の価格よりも簡単にリスクなく有名な売買動向なども基準価格 に基づいたニュースや募集についてもローンなど節税に関する 規則やアンケートなど会員だけのメリットや 比較的リスクの小額な情報も掲載予定です。

株主優待で得をする!